三津浜でのワークショップの様子(教員の学外活動)

先日、三津浜商店街で開催した、児童を対象に開催したワークショップ(子どもゆめ基金助成活動)の様子をご紹介します。2日間の開催でしたが、両日とも多くの参加者がありました。
商店街を散策しながら面白い形のモノを探したり、それらに名前をつけたり、看板をつくって発表するなど、多くの工程で構成されるプログラムですが、皆、積極的に取り組んでくれました。
ワークショップには三津浜商店街の店主の方々にも来ていただき、児童が制作した看板を商店街に展示させていただきました。
また、児童が制作した看板の中から1作品を選び、ステンレス製の看板に仕立て設置し、11月末に制作した児童たちや関係者をお招きし、除幕式を行いました。
児童たちは、自分たちが制作した作品がステンレス製の看板として、商店街内に展示されることを大変喜んでいました。
設置して約1週間が経ちますが、この一見不可思議な看板が様々なコミュニケーションを誘発していると、商店街の方々から報告されています。
ワークショップの様子は、愛媛新聞と読売新聞に掲載されました。

(牛島)