1年生は保育所実習の振り返りを行いました。

保育学科1年生は、11月1日から13日まで保育所において実習を行いました。

今回の実習目標は、保育所生活における子どもたちの様子や各年齢の発達の姿を観察すること、保育士の仕事内容等を観察することでした。積極的に子どもにかかわり、手遊びや絵本の読み聞かせなどを実践することも大切な実習内容でした。毎日の実習内容を実習記録(ノート)に記録し、これを保育士の先生方に提出し、助言をいただくことも実習の大切な内容です。これらの目標や内容を実習後に振り返ることは、自身の実習成果や課題を明らかにすることにつながります。学生はまじめに、意欲的に実習したと実習先より評価されています。

学生は保育者になりたいという夢を保育者になるという目標に変え、これからも実習に努力すると思います。
1年生の皆さん、目標に向かって頑張ろうね。

(中島)