レクリエーション支援実習の授業で 聖カタリナ大学杯「親子レクリエーション大会」を企画・運営‼

レクリエーションの授業では、インストラクター資格を取得するためにレクリエーションを企画・運営する体験が必要になります。
その1つとして保育学科2年生17名が、北条スポーツセンターで開催された「第4回スポーツ・レクリエーションフェスティバルin風早」にスタッフとして参加しました。

学生たちはこのイベントの中で、聖カタリナ大学杯「親子レクリエーション大会」を企画・運営しました。
午前の部では<親子チャレンジ・ザ・ゲーム>の4種目を用意し、それぞれのご家族が記録に挑戦しながら楽しい時間を過ごされました。
午後の部では<親子でなかよしミニ運動会>を開催し、それぞれの親子で、また同じチームになった親子ペアとも協力しながら、大変白熱したミニ運動会を開催することができました。

当日は大きなトラブルもなく進行ができ、学生たちはたくさんの子どもたちと一緒に笑顔になれました。
そして、この経験の中で細かい点まで考慮した準備の大切さや、当日の臨機応変な対応の大切さを学ぶことができたと思います。
卒業後、保育職に就いた際にはぜひこの経験を生かしてほしいと願っています。

(大上)